#xperiaアンバサダー ”レコプラ”+”ムービー”は色々な意味で相性が良いf^^

1/24発売の”Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)”を
Xperiaアンバサダー・プログラムにてお借り致しましていますm(__)m

子供がまだ小さく寝かしつけ担当のパパとしては、夜な夜なベッドサイドで”Xperia Z Ultra”を使いレコーダ内の海外ドラマを視聴していますf^^そんな訳で年末にサンタさんからいただいた”NEXUS 7”と比較レビューです!
基本的に、比べるのは以下のアプリです。左から”ムービー(SONY製プリインのみ)”、”レコプラ(SONY製タブレット専用)”、”Twonky Beam(誰でもDL可)”となっています。”Xperia Z Ultra(以下Ultra)”は前二つ、”NEXUS 7(以下NEXUS)”は後ろ二つを使います。

icon-1

二つの端末の違いはこんな感じ?まぁ細かな違いはあるけど…
Xperia Z Ultra:OS4.2 解像度1920×1080
NEXUS 7:OS4.4 解像度1920×1200

photo-1

解像度の若干の違いがあるので、見える部分も微妙に違うのが分かります?ちなみに上が”Ultra”で下が”NEXUS”です。しかし”Ultra”の方がどう言う訳か一番使う”1タイトル削除”が隠れてしまう…横の解像度は同じはずなのに…良く見ると決定的に違う部分があった!ホームボタンの位置!”Ultra”は右端、”NEXUS”は下…ググってみる限り”NEXUS 5”では横向きでも右端なので、OS依存では無さそう?(比較対象物が少なくて申し訳ないm(__)m)特に”レコプラ”は強制的に横向きになるので非常に気になる部分です。まぁホームボタンの位置って好き好きがあるのでどちらが良いと言うのは言えないんですけどねf^^
でもってお次ぎは”ムービー”と”Twonky Beam”の仕様感の違いについてです。”ムービー”アプリはレコーダ内のチャプター区切りに対応しているのに対し、”Twonky Beam”は前(進む)30sec、後ろ(戻る)15secのみの対応となっています。この辺は謹製アプリだけあって”ムービー”の方が大幅に使い勝手が良いです。また”SBH20 BT Headset”の操作ボタンでも”ムービー”ならスキップ操作が出来ます。この辺は地味にありがたい対応です。”Twonky Beam”でも使える様にならないかな…
とこんな感じになっていますm(__)m