私が”Xperia”の指紋認証機能を使わなくなった訳…

Android端末に指紋認証機能が付き始めて随分たった気がします…最近のOSバージョンでは制度も良くなりあっという間に解除出来ると聞きます。私の手持ちの端末では”Xperia X Performance(SO-04H)”と”NEXUS 5X”がその端末です。

最近、子供達が私の目を盗んでは端末を触る様になり、安全かつ簡単なロック解除方法としてその便利さを再確認している次第ですf^^特に”NEXUS 5X”に関してはサブ機と言う事もあり、持って動く事はあまりありません。なので余計端末を放置している事が多く、指紋認証ロックはありがたい機能です。しかし”Xperia XP:SO-04H”の方は指紋認証ロックはかけていません…何故なのでしょう…答えは簡単です!電源ボタンと指紋認証ボタンが同じだからですorz…

実は私、携帯(当時はJ-Phone)を持ち始め約20年以上が経ちました。その頃はまだ会社勤めで腕時計をしていました。それが携帯を持ち始め、時計を持たなくなりました。最近は”Android Wear”のお陰で時計らしき物を腕には着ける様にはなりましたが…何が言いたいのかと言うと、その当時から腕時計が携帯に取って代わられたのです。そこで出てくるのが”Xperia”の電源&指紋認証ボタンです!指紋認証ボタンが付くまでは、電源ボタンを押すと画面が明るくなり、待ち受け画面に大きく時計が表示されました。しかし電源&指紋認証ボタンの状態で指紋認証機能を使うと、一気にホーム画面が開いてしまうのです…”NEXUS 5X”に関して言えば電源ボタンが別になっているので、ボタンを押しさえすれば待ち受け画面がちゃんと見られます。

また”Xperia”は電源ボタンに指紋認証を持たせたせいで、持ち手側(両サイド、側面)のベゼルのスリム化が出来ない様でした。これは”Xperia XA”シリーズを見ると明らかで従来のモデルであれだけ側面のベゼルを削ったにも関わらず”Xperia XA1 Plus(唯一電源&指紋認証ボタンになっている)”は従来のXZシリーズと同じ程度のベゼル幅です。更に今年のはじめに発表になった”Xperia XA2”のシリーズは指紋認証の端を背面に移動し側面のベゼルレス化に貢献しています。

そう考えると”Xperia”の電源&指紋認証ボタンってなんだったの?と言う感じになります。同様に”18:9”化を未だ実現出来ていないソニモバ端末…理由はスピーカー(音質)がぁ!みたいな事を言っている様ですが、周りはほぼそう言う問題をクリアしベゼルレス化が進んでいます!独自のポリシーを持つ事は大切だと思いますが、色々な問題をクリアしてからそう言う話はしてもらいたいなと思う次第ですm(__)m”しない事”と”出来ない事”は区別していただきたいなと…

さて今月末に迫った”MWC 2018”ですがどんな端末が出るのでしょうか…