一株のApple株が…
【その8:署名】

本日、アメリカ大使館にて公証人署名を受けてきました!

いやぁ〜緊張しましたf^^Google先生のお陰で今までのテキストベースでのやり取りは問題なく処理できましたが、今回の公証人の前での署名は対人なので内心ドキドキでした^^でもまぁ何とかなりましたm(__)m

と言う訳でアメリカ大使館でのレポートを!場所は国会議事堂やら国の中枢が集まる霞ヶ関にほど近い赤坂です。私の場合は丸ノ内線”国会議事堂前駅”で下車し徒歩で移動しました。っとその前に手荷物は持って入れない場合もあるのでこの駅のコインロッカーに預けました!

大使館への持込み可能な物・持ち込めない物

先日も書きましたが上記を参照し自己責任で手荷物を選定してくださいm(__)m

徒歩で移動中も国会会期中という事もあり、警官がわんさかいました!ある意味、道が分からなければ丁寧に教えてくれるのでありがたかったですf^^約10分程度で大使館の手前まで来ました。そこでまず警察官の職質です。”公証に来ました!”と伝えた所、ん?という顔をされましたが簡単に説明して通過しました。警備の警察官の中にはよく分かっている人、そうでない人がいる様なので、”アメリカ大使館のアポは取ってあります”と伝えるのが良さそうな感じです。

次はアメリカ大使館の正面入り口で”公証に来ました!”と伝え中へ…この辺りの方は色々知っている感じでした。門を入るとセキュリティーカウンタがあります。ここで所持品を全てケースに入れます。この時、スマホの画面を見せて下さいと言われます。多分、携帯電話・スマホは持ち込めるリストにあるので、本物ですよと言う証明の様です。またこの時、”Bluetoothは切って下さい!”と言われたのがちょっと”へ〜”な感じでしたね。またスマートウォッチは電子機器なので外す様に言われます。一般的な時計は問題ない様です。そこで一通りの確認が済むと色々入っているケースは赤外線チェックへ、そして自分もセキュリティーゲートをくぐり中へ入ります。

基本的な話なのですが、大使館にやってくる沢山の方のほとんどはビザ関係の様です。なので先人の教えの通り、入り口に来たらいつも左側の入り口の方に声をかけるのが良いです!そして左側の入り口で”公証に来ました”と中へ通され、【アメリカ市民サービス】の看板を目指します。これもまた入り口を入って左側にあります。

【アメリカ市民サービス】の看板を越えると、一番奥の【7】番カウンターに行くのですが備え付けのTVに【START HERE↓】と言う手書きのPOPが書いてあるので直ぐに分かると思います。そのトレーに予約票を入れ少し待ちます。今回、10:30で予約を取ったのですが、実際に着いたのが10:00位でした。この位の人間の前後(と言うより早く着く)は大丈夫そうな感じです。基本的な業務は12:30位までらしいので、最後の方の予約で遅れると入れなくなる可能性もあるので、早め早めを心がけた方が良さそうです。

予約票を出すと【5】【6】窓口で準備が出来た方から呼ばれます。そこでまずパスポートと公証が必要な書類を出し確認してもらいます。特に問題が無ければ”お金を払ってきて下さい”と言われるので、先ほど通過して来た【アメリカ市民サービス】の看板を出て直ぐ右側にキャッシャーで支払いをします。公証の費用は$50で円・ドル・カード決済が選べます。またキャッシャーの奥には本日のレート【$1=110円(変動)】も見えました。

支払いを済ませ【5】【6】窓口へ先ほどもらった2枚の領収書を渡してまた待ちます。今回の潜入でビックリしたのは、職員の八割がたが日本人(日系)の方でした。でも流石にみなさんベラベラでしたがf^^すごい綺麗な発音であんな風に話せたら良いなと思うばかりorz…それとここまでの部分で私は一言も英語を話していません!よほどの事が無い限り日本語でやり取りが出来そうです。

そして遂に【3】窓口で、ファーストネームが呼ばれました!(ファーストネーム呼ぶのかよって思いましたがf^^)ここで先ほど出した書類がホチキス留めされ更にハトメも付けられた状態になっていました。そして公証人の前で【Section C – Claimant Info】のシネグチャの部分(2カ所)に署名をしました。その後、公証人書類を戻し、公証人自ら署名をして完成となりました。行く前に【Section D – Affidavit Notaraization】はどう書けば良いのか?と言う話がありましたが、この部分は全て公証人側で書き込むのでこちらは何もしなくて良い様です!また話は前後しますが今回の公証をしてもらう書類ですが、私の場合で7枚綴りでカリフォルニアから送られて来ました。公証人サイドでファイリングもするので全て(署名の部分だけではなく)持って行く様にして下さい!

時間的な話ですが、最初に予約票を出して20分、お金を支払って呼ばれるまで30分、延べで1時間弱かかりました。【アメリカ市民サービス】コーナーの待合室は大体20名前後の方が待っていた様でした。またビザ関係(入って右側)は50〜60名位の人が居た感じです。なので基本はいつも左側へ進むが良いと思いましたm(__)m

いやぁ〜約1時間の滞在でしたが、良い経験が出来ました!ほとんど英語を使わずに済んだのも驚きです!また”25 X 25”の手荷物ですが結構みなさん普通のカバンやバッグを持ってました(入れてもらえてました)。こんな事なら駅で預ける必要無かった気もしなくもないかとf^^

最後になりますが今回写真が無いのはセキュリティーの問題もあり写真不可でした!また正門前で写真撮っても…と警察官に聞いた所、やんわり”やめて下さいと”と言われましたf^^

次はいよいよ本国へ郵送となります!乞うご期待!