【その5:公証】

スポンサーリンク

パスポート申請も済み、出来上がりを待つばかりという中で新たな問題発覚…ウチの家系はどういう訳か英語が堪能な人が多いです。でも自分はダメな方f^^でも最近の技術の進歩によりこんな私でもある程度は何とかなっています。しかし自分の拙い英語力では本当の所はどうなの?という疑問が出てきます。なのである程度全容が見えてきた事もあり、その親戚の中でも一番英語が堪能な方の所へ書類を送り(もちろんネットで)ました。そして昨晩、Skipe経由で翻訳書類の添削してもらいました!細かな修正点はあったものの、ほぼ私の理解で大丈夫な様でしたf^^しかしこの時大きな問題(不明点)が分かりました!

【Section D – Affidavit Notarization】添付SSの上の部分

元々、ここだけはどうやって書いたら良いのか分からなかった事もあり、親戚にお願いした部分もありました。”Affidavit Notarization”直訳すると”宣誓供述書の公証”となります。よく海外ドラマに出てくる”宣誓供述書”と言う言葉、耳にはしていたけれど実際何なのかはよく知りませんでした。さらにそれを”公証(公式に証明せよ)”しろですと???親戚もここは自分で書いてはいけない部分という事は分かった様なのですが、実際にどうすれば良いかは分からないとorz…

というわけで今朝また例の”contact them by email”のリンクをクリック!国外(日本)でこれを行うにはどうしたら良いか?といった内容のメールを送りました!さらに待っていても仕方ないので、自分でも調べてみましたf^^

日本でこれを行えるのはアメリカ大使館及び領事館と各市町村にある公証人役場の様でした。しかし更に調べてみるとアメリカ大使館へ出向いて公的な立場の方と対面でお互いに書き込む書類だという事が分かりました。まぁここまでしなくても公証人役場等でも可能な場合もあるかもしれないので、取り敢えずは”Unclaimed Property Division”の返事を待ちたいと思います。

何となくですが、ちょっとドツボにハマった感があります…さらに経費もかさみます…取り返す意味も考えなお…いやいや乗りかかった船なので最後まで頑張りますよ〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました