【その17:取立】

スポンサーリンク

”取立:とりたて”と書くと聞こえが悪いですが…銀行業界では小切手を現金化する事をこう呼ぶ様ですf^^

先日、カリフォルニア州より送られてきた$150弱の小切手ですが注意が必要です!と言うのも外国で振り出された小切手を”クリーンビル(外国払小切手)”と言うらしいのですが、この取り扱いが来年には出来なくなりそうなのです!

外国払小切手(クリーンビル)取立の受付終了のお知らせ(直PDF):三菱UFJ銀行
外貨小切手等の店頭受付停止のお知らせ:みずほ銀行

この他にも既に手続きを停止している銀行、来年に向けて取り扱いを停止するとアナウンスをしている銀行、様々ですが一様に換金が出来なくなっていく様です!またこの取り立ての前提条件として、その銀行に口座がある事が最低条件です!口座がありまだ手続きが出来る銀行に限りこの方法が使えます。また手続きには手数料として約¥5,000円前後(これも銀行によって様々)かかります。そして手数料はすぐに取られますが、小切手の換金は入金されるまでに1ヶ月前後かかる様です。換金の為替レートも基本的に相手側が送金した時のレートで換金される為、その辺りも注意が必要かと…私の場合、たまたま外貨の預金口座があった為、その口座に直接USDで入金が出来る様に段取りが取れました。今回はちょっと短めの投稿ですが、現状の海外からの小切手を取り巻く状況はこんな感じです!

更にこの日、地元の証券屋さんに先日Computershareから送ってきた書類を持参して相談してきました!そして12/29には銀行から簡易書留が届きました。12/27付けで小切手が私の口座に振り替えられた様です!何週間かかかると言われていただけに、年内の入金は嬉しかったですf^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました