Apple株を取り戻すまでにかかった経費等

スポンサーリンク

日々数件ではありますが、ページビューも増えております!この様なニッチなサイトですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

さて今回はタイトル通り、”Apple株”が手元に戻って来るまでにかかった費用を見直して見たいと思います。

まずは原資についてです。一株.com及びOneShare.comで購入した方は、一株が最大(購入時期により)で2分割、2分割、7分割と分割され28株となる様です。私の場合ですが2・7分割で14株を保有する事となりました。また色々調べた限りでは14株を保有する方が多い様なのでここを基準にしたいと思います。当時、一株.comで購入した時のAppleの株価は曖昧な記憶ではありますが1万円程度、それに額縁・装丁を含んだ総支払額が約2万円程度だったと記憶しています。

現在のAppleの株価は右のサイドバーのチャートにもある様に約200ドル、為替は100(計算を簡略化する為)円とします。

14株 x 200USD = 2,800USD
2,800USD x 100円 = 280,000円
280,000円 – 20,000円 = 260,000円(最初に支払った額から現在の株価を引いたもの)

ざっくりとした計算ですが26万円を今回の原資といたします。また前回の投稿で書きましたが、業者等に依頼すると5万円〜25万円位請求(そのほか実費も加算される)される事を考えつつ…

まず最初に発生した費用は、パスポートの取得代金でした!

印紙代:14,000円 + 発行手数料:2,000円 = 合計:16,000円

私の場合は完全に失効していたのでこの価格となりました。有効なパスポートがある場合は必要ありませんf^^

次が色々悩んだのが公証の方法でした。国内には公証の資格を持った人がいる公証人役場というものがあります。ここで公証してもらう場合、約12,000円程度の手数料が一般的な様でした。ただ今回、カリフォルニア州が求めている公証をここで取れるのか?というそもそもな疑問もありました。仮に尋ねた先の公証資格を持った方がこういった事案に詳しい方なら相談したと思います。しかし私が尋ねた先は、???な対応でその金額を支払ってまで、賭けに出るつもりもなくプランBへと移行しましたf^^

そのプランBとはアメリカ大使館での公証です。都内在住の私の場合、交通費が若干かかるだけでアメリカ大使館に行く勇気さえあれば問題のない話でした。また公証にかかる費用も50USDという事でかなり格安!またカード決済も日本円での支払いもOK!至れりつくせりでした(ホントあとは行く勇気だけ)。

50USD = 5,000円 + 交通費

さて無事、公証書類も出来上がり、あとはカリフォルニア州へ送るという段階です。郵送方法は多分色々あると思います。私はEMS:国際スピード郵便で送りました。専用の封筒が50円、米国への送料が2,000円でした。

封筒:50円 + 送料:2,000円 = 2,050円

とざっくりですが支出はこんな感じでした。

  • 印紙代:14,000円 + 発行手数料:2,000円 = 合計:16,000円
  • 50USD = 5,000円 + 交通費
  • 封筒:50円 + 送料:2,000円 = 2,050円

原資:260,000円 に対し
費用: 23,050円 となりました

あくまでこの費用はパスポートを持っていない場合で、有効なパスポートを持っていれば1万円でお釣りがきます!

私の場合、手探りでここまで1年かかりました!実質、書類をカリフォルニア州へ送ってから処理されるまでにかかる時間が約半年…でも個人で試してみる価値はあると思いますsm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました