ウェアラブル端末と価格とバッテリと…

昨年末辺りから”fitbit Charge3”の価格を日々チェックしている訳ですが一向に下がる気配がありませんorz…

以前より私は”SmartBand2:SWR12”、”SmartWatch3:SWR50”、”MISFIT Ray”からの”MISFIT Vapor”と色々渡り歩いて来ましたf^^まぁ数としてはそんなに多くはないと思いますが…

”MISFIT Ray”を除く他のウェアラブル端末はバッテリが交換出来ない仕様です。故障ともなるとほぼ修理は効かず、交換という形になります。まぁこの故障が保証期間中に起これば無償交換になる訳ですが、大体が保証期間が終わった頃に故障する訳です…そうなると定価では無にしろ有償での新品との交換になる訳です!

一番参ったのは”SmartBand2:SWR12”でした。付属のバンドが一年を超え切れかかった際、サポセンに電話した所修理は出来ないので新品交換になりますと言われた事でしょうか。その時提示された価格はほぼ定価orz…こっちはバンドが欲しいだけなのに…またこの際、交換用のバンドも販売を完了していてにっちもさっちも行かない状態でした。

まぁこの後に”SmartWatch3:SWR50”の格安販売が始まり瞬殺ではありましたが無事購入。この時の価格は1万円前後だったと記憶しています。この様にうまい具合に新しい機種へと乗り換えて今に至っています。

こういった経験を踏まえウェアラブル端末と価格のバランスは1万円で1年間というのが私の目安になりました。まぁスマートウォッチに関しては流石にそこまでの水準にはならず、2万円で1年から2年という目安を持っています。またバッテリに関してもこの基準を目安にしています。逆に言うと散々私が購入を悩んでいる”fitbit Charge3”は約2万円、バッテリの寿命を考えるとやはり1万円代前半で買いたいなと思う訳です。多分”fitbit Charge3”は”SmartBand2:SWR12”の1年でヘタったバッテリに比べれば多分(希望的観測)2年位は持ってくれるだろうとは思います。ただこれは使ってみないとわからない部分です。不確定な要素を考えるとやはり1万円で1年間という基準が私のものさしとしては妥当かなと思う今日この頃ですf^^

まぁこの話は以前から書こうと思っていた内容ではありました。しかしなぜ今かと言いますと…実は”MISFIT Vapor”が故障しましたorz…今年に入り画面のチラつきが始まり、先日バッテリが一気に減ったり、再起動ループになったりと不具合続き…購入日を調べた所、4月の末でした!慌ててサポセンにメールを送り修理依頼を購入から1年以内に完了いたしました!

さて今回はMISFITとしてどんな対応がなされるでしょうか?乞うご期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました