【注意】没収された株券が売却されている可能性について…

スポンサーリンク

2017年5月末、Computershareからカリフォルニア州へApple株が没収されました。理由は簡単で、手続きをしなかったせいでした…(まぁ詳しくは本編をm(__)m)

そしてApple株が消失した事を知ったのが、年が明けた2018年1月でした。またそれを機に書き始めた当Blogですが、当時では気が付かなかった事態が起きている様です!

UCP Inquiry System

現在も”Unclaimed Property Search”で自分の履歴が確認出来るのですが、上記のSSを見て下さい。上が本来のサイト、下がそのサイトをGoogle翻訳で訳したものです。

実はお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、当Blogは返還申請の手続き中の方の書き込みがありがたい事にあります。その方のご報告で、カリフォルニア州から書類が来たが、どうも全て売却済みで、その小切手が送付された様だと…

え?ぇぇぇ????

そのご報告と詳細を受け、私自身でも調べて見た結果が上のSSです。私の返還作業の時は上記の英語の意味はよく分からず、スルーしておりました。しかしご報告いただいた方の詳細と照らし合わせると、ここに書いてある事がそれなのかと…

要約すると株券が没収された場合、没収日から18ヶ月以内に返還請求がなされなかった場合、20ヶ月以内に株券を売却すると書かれている様です…逆算すると2017年5月末に没収された場合、2018年11月末までに返還請求されていない株券はその後、2ヶ月以内のレートで換金されるという事になります。ご報告いただいた方によると、没収されてた時の配当が約90USD、株の売却金が約2,600USD位になり、全てクリーンビルによる外国小切手によって送られて来たそうです。先ほどの20ヶ月以内の話と、売却金から換算したレートを照らし合わせると、2018年1月辺りに$180台で換金されている可能性が高いと思います。

クリーンビルと言えば…日本国内で処理するには結構厄介な存在です。現在この件を受けて、クリービルの取り扱いが可能な金融機関を色々探しています。詳細がまとまり次第、アップしようと思っています。

取り急ぎ、諸々の情報をまとめました。今後の方針としては、クリーンビルの国内での換金方法を調べた後、

【追記:クリーンビル換金について】

こちらの時系列での説明を再編集していきたいと思っていますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました