公衆無線LANと私 #docomo #flets

先日レンタルを始めた光ポータブルですが、ようやく”FLET’S SPOT”の設定要項も届き一通り設定も終わりました。でもって以前から契約してあった”spモード『公衆無線LANサービス』”の方も含めテストしてきました^^
それぞれのサービスエリアで重なる場所、そうでない場所色々ありましたが、1日色々な場所で電波の入り具合をチェックしました。結果言うと、電波をつかめる場所では非常に簡単接続出来るということです(当たり前なのですが^^)。ただ移動しながらは無線LANの特性上、難しいと言う事に気が付きました。私の様に外出先でほぼ止まらず、移動し続ける人にとっては向かないサービスと言う事が良く分かりました。逆に外回りのサラリーマンな方が休憩中に接続と言う様な場合には有効かと思います。無線LANに繋がる所にいれば3Gよりも快適に通信出来ると思います。そう言う方には非常にオススメで、3Gのトラフィックを逃がす意味でも有効だと思います。
最近良く言われるデータオフロードですが、現行の無線LANの仕組みでは移動しながらの通信はほぼ無理なんですよね…やはり現状では移動しながら通信をするにはオフロードは使いにくいと思います。なのでSBが行っている街角Wi-Fiスポット的などこにでも置く様な方法は、かえって無駄な電波を発信するだけで無意味に思えました。以前は私もFONのルータを店に置きそう言ったどこにでもルータをと言う思いがありましたが、現在ではそれは逆効果だと思い外しています。
公衆無線LANを設置するのに有効な場所はやはり、人が落ち着いていれる場所かと思います。例えば駅、レストラン、カフェ等、ある程度人が移動せず時間をつぶせる場所こそ公衆無線LANは必要なんだなと改めて実感しました。
と言う訳で私の場合は、無料で提供されている”spモード『公衆無線LANサービス』”は引き続き契約し、NTTの”FLET’S SPOT”の方は無料期間(3ヶ月)が終わり次第、解約と言う結論に達しました。