ここ数日の”HT-03A”(レンガ化に至るまでorz…)その3 #ht03a

細切れなエントリで申し訳ありません…昨日のベンチマークの結果から^^
ベンチマークのAppは定番の”Quadrant”を使用。
appcanbcs
Quadrant Standard Edition

 

デフォルトの状態でスコアは180
最大最小を528000にした場合のスコアは204
最大最小を128000にした場合のスコアは104
と言う結果になりました。まぁ128000のデチューン構成で使う事は無いと思うので無視しますが、最大値の528000で使ったとしても若干のスピードアップ程度なので体感では分からないレベルかと…HT-03Aの場合、遅くなってきたと感じた時は工場出荷時に戻した方がよっぽど有効かと思います。取り合えず昨日書いた様にMaxを528000に、Minを128000に設定して使おうと思います。
次にいよいよフォントの入れ替えに移ります。必要なのは”BusyBox”と”Type Fresh”と”AndExplorer”のAppです。
icon左:BusyBox
中:Type Fresh
右:AndExplorer
最初に”BusyBox”を起動して”Superuser”の画面が出たら”許可”する。すると”Status:Watting…”となっているので”Install”ボタンを押す。その後、”Status:Done!”となればOK^^
次に”Type Fresh”を起動するとHT-03Aのフォント一覧が表示される。入れ替えたいフォントをタップすると”AndExplorer”が起動されSDカード内のファイルを選択出来る様になります。
基本的に変更するのは以下の3個のフォントです。
欧文標準: DroidSans.ttf
欧文太字: DroidSans-Bold.ttf
日本語 : DroidSansJapanese.ttf
私の場合、取り合えず日本語フォントを入れ替えてみました。Win用でもMac用でも変更は可能の様です。また日本語フォントを入れ替える場合はフォントの名前を必ず”DroidSansJapanese.ttf”とリネームして入れ替えて下さい(その他のフォントも必ずリネーム!)。また拡張子も.ttfにする事を忘れずに^^ちなみに日本語フォントの見本は以下の所にあります。
Nexus One で試したフォント一覧(日本語):コムギさんthx
入れ替えたいフォントリネームし先ほどの手順でインストール…結果はなぜか豆腐orz…フォントが合わなかったんのでしょうか?ちょっと分かりません…その後に悲劇が!!!
”Type Fresh”を開いた状態で”menu”ボタンを押すと”Restore fonts”と言うボタンがあります。これを押せば?と軽い気持ちで押したのが間違いでした…レストアが始まり再起動のボタンが出ました。迷わず再起動した所、docomoのスプラッシュ画面のまま止まりました…普通だとAndroidのスプラッシュ画面に切り替わり待ち受け画面になるのですが2時間ほど放置してみましたが、状況は変わらず…レンガ化されましたOrZ…ファクトリーリセットは出来ましたがやはりdocomoのスプラッシュ画面のまま動かずでした…
と言う訳で今回、愛しのHT-03Aはレンガ化してしまいました。多分SDK環境があり内部をいじくれば動くと思います。現状はその余裕が無いので取り合えず放置と言う事で今回の話はおしまいです。
くれぐれも自己責任と言う事で、皆様もお気を付け下さいf^^
今回お世話になったサイト
クロックアップについて
HT-03Aでrootを取ってクロックアップ』:XPFの独り言
フォント入れ替えについて
XPERIA フォントを変更する方法』:TosRoom
root全般
Android Custom Cookbook
コムギドットネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました