”Big Sur(Intel)”でマイナカード使ってe-Taxする企画!【その1】

この日の為にマイナンバーカード作りました(嘘)…というよりマイナポイントGetの為でしたf^^昨年初め”マックメム”さんのこちらのエントリを見て、今年こそはと思いカードリーダも買いました!取り敢えずこちらをご一読いただけると話がスムーズかと思いますm(__)m

【2020年最新版】Macで確定申告!e-Tax完全攻略ガイド
このガイドがあれば誰でもe-Taxが出来ます!2019年度中に余計に徴収された税金があれば確定申告を行って取り戻しましょう。これまでは電子証明書発行等煩わしい手続きが必要でしたが、現在ではネット接続されたMacとマイナンバーカードとICカードリーダーだけあれば、税務署に行かずe-Taxで確定申告が行えます。

まずはカードリーダです。

私が購入したのはこのNTT.com製のリーダです。実はこのリーダはACS(Advanced Card Systems)のOEM製品で他にも数社ココのOEMでリーダが出ています。最近ではAmazon.co.jpで検索をかけると色々なメーカーのリーダが出てくる様になりました(昨年初めはACSのOEMばかりでしたが)。私の個人的な見解ですがACS製(OEM含む)がドライバも含め動作環境が安定している様に見えます。またMac用のドライバもあるので安心感が増します。ちなみにタイトルにもありますが、”Big Sur(Intel)”にインストールしましたが、e-Taxサイトで個人情報の登録までは問題なく完了しています!

ICカードリーダライタ(ACR39-NTTComの主な仕様/ダウンロード) | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま
国税電子申告・納税システム(e-Tax)に代表される公的個人認証サービス(個人番号カード/住民基本台帳カード)や、PCセキュリティのICカードによるログイン認証、PKI等に利用するときに必要な機器です。
ADR-MNICUBK のソフト(ドライバー)ダウンロード | サンワサプライ株式会社
サンワサプライのソフト(ドライバー)ダウンロードのページ。 ADR-MNICUBK 接触型ICカードリーダライタ

https://www.acs-japan.jp/driver/401/acr39u-スマートカードリーダ/

今回ピックアップしたのはNTT.com、サンワサプライ、ACSの3社です。基本的にベースはACSのドライバの様です。インストールに関してはそれぞれのドライバの手順に沿ってインストールして下さい(検証はNTT.com製でおこないました)。

ドライバのインストールが終わったらいよいよマイナンバーカードでのe-Taxサイトへの登録です。

【確定申告書等作成コーナー】-システムエラー

国税庁 確定申告書等作成コーナー】の【作制開始>】をクリックしてください。【e-Taxで提出:マイナンバーカード方式】を選択。

【事前準備セットアップファイルのダウンロード】をクリック

【令和2年分事前準備セットアップ】をクリックすると【jizenMac.dmg】がダウンロードされます。展開するとインストーラとPDF形式のマニュアルが出てきます。インストールマニュアルは必ず目を通してくださいm(__)m

次はSafariの設定です。【環境設定】>【機能拡張】タブを開きます。

上記の3個の機能拡張をチェックします。

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

先ほどの【作制開始>】をクリックしてください。【e-Taxで提出:マイナンバーカード方式】を選択。

【最新の事前準備サットアップが正常に適用されています。】が出ていれば大丈夫です。そのまま下へスクロールし【利用規約に同意して次へ】をクリック。

ちなみにカードが間違った方向でさしてあるとエラーがかかりますf^^

カードが問題なく認識されるとこんな画面に…【次へ】をクリック。

【申告書等を作成する】をクリックします。

これで事前準備は完了です^^ちょっと長くなりそうなので、今日はこの辺でf^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました