三者三様なAndroid端末、Xperia・Desire・IS2…

先日のdocomoのXperia、SBのDesireに続き、昨日ついにauからもAndroid端末の発表がありました。これで大手3キャリアから全てAndroid端末が使える環境が出来ました。しかし面白いもので三者三様、各社それぞれのAndroid端末に対しての想いや、売り方、ユーザへの姿勢がうかがえます。
例えるなら最近の飲食の3形態(内食・中食・外食)に例えられる様な気がしてなりません。
内食:au 完全なカスタマイズ(自炊)
中食:docomo メーカーと協力(デパ地下のお惣菜)
外食:SoftBank 出来合の物で良い物を探す(レストラン、(ファミレスの場合もあり^^))
まぁそれぞれのキャリアに合わせた細かなカスタマイズはあるものの大きく考えるとこんな感じでは無いでしょうか。

xperia
sb
au

中食:docomo Xperia
相変わらずスマホは2台目と考えている様だ…取り合えずiモードメール用のアプリがどんな形で出てくるかが楽しみ。また今回のXperiaはiPhoneを意思しすぎな感じ。Android1.6と言う事もあり、iPhoneに全く追いつけてない感じあり。ただ”POBox Touch(日本語入力環境)”や”Timescape(総合履歴、電話帳)”に関しては面白いと思う。しかしそこはSONY…独自性を追求しOSのアップデートを阻害(遅れ)したり、PC環境との共存を阻む可能性もある…
外食:SoftBank Desire
さすがSB、されどSB…一番旬で一番おいしい所を取ってきた感じ^^これがdocomoだったら絶対買う!だけどSB…iPhoneで培ったノウハウがユーザーの心を掴んでる。今回の3端末の中では一番熟成されていると思う。NexusOneの兄弟機で独自の”HTC Sense”も優秀、docomoなら欲しい…
内食:au IS01
普通のユーザーが欲している物が全く分かっていないのか、単純にスマホタイプが間に合わなかったのか…ココで2台目用の端末を発表する意図が不明…ただAndroidの”ワンセグ”対応や独自部分のSDK配布にはシャープの意気込みや想いが伝わってくる。ただ一般ユーザーには全く関係ない部分。スマホタイプのAndroid端末を持って来れなかったのは大失敗だったと思う。
と色々書いてみたが、あくまで私の個人的な見解ですのでご理解いただけると助かります。
今年は最低1台はAndroid端末が出てまさにAndroid元年とも言える年、NexusOneはSIMフリーで出るのか?au用のiPhoneは出るのか?docomoは更にAndroid端末を出すのか等、これに続き各キャリアから続々とAndroid端末や魅力的なスマホが出てくれると非常に嬉しいです^^